快適に暮らす家づくりのポイント

快適に暮らす家づくりのポイント

私の家では、今も昔も昼間、全員が勤めに出ていて留守が多いのに、泥棒に入られた経験はありませんが、近所では随分入られています。
それも、普段は家にいるのに、ちょっと留守にした隙に入られています。
鍵のかけ忘れなどではなく、泥棒はそこの家が、“今”留守であると嗅ぎ分けて、窓を破って入っています。
そういう家と私の家との違いは、一つには、私の家は今までの家が全部、いわゆる死角になる窓などがなかった、ということがあります。
そして今の我が家でいえば、角地で通りかかる人からも丸見えだし、夜は夜で、道路にある街灯がスポットライトのように、私の家全体を照らすから、やっぱり丸見えなのです。
また、泥棒に入られたお宅では、留守の時は例えば、車庫に車がなくて、しかもシャッターを開けっ放しにしているからすぐに留守が分かるとか、郵便受けに郵便や新聞が溜まるとか、勿論、家の電気が点かないとか実に分かりやすいのです。
そんな調子だから、泥棒なんて絶対入らせないぞ、という気構えも薄いような気がします。
やっぱり、形にはできなくても自分の家を守るという気迫も大事だと思うのです。
それがあれば、留守が分かるような行為はしないと思うのですが、みなさんそこに気がついていないようです。

活用しよう!家関連情報リンク集

Copyright (C)2017快適に暮らす家づくりのポイント.All rights reserved.